DHA/EPA

EPA/DHAを含む青魚やサプリがアレルギーに効果的な理由

Keeping_Healthy_-_21st_Century_Style___Flickr_-_Photo_Sharing_

EPA/DHA/は花粉症・鼻炎・喘息・アトピー性皮膚炎など、様々なアレルギー症状の緩和に効果的と言われています。その理由は、EPA/DHAが持っている独自の作用が理由でした。

photo by YuMaNuMa

 

そもそもアレルギーの原因とは?

アレルギー反応が起こってしまう原因は、遺伝的なものや生活習慣・環境など様々ですが、体内レベルで見てみるとその要因の一つとなっているものが脂肪酸です。

特にオメガ6の脂肪酸である・ベニバナ油やコーン油など一般的によく摂取する機会の多いリノール酸系の脂肪酸がアレルギーのきっかけとなります。

リノール酸の脂肪酸は、体内に入るとアラキドン酸という脂肪酸に変わります。アラキドン酸は必須脂肪酸で、人の体内に必要なもの。ですので、アラキドン酸自体は有害ではないのですが、摂取しすぎる事で有害になってしまうというクセのある脂肪酸です。

アラキドン酸とは?の記事中でも触れていますが、アラキドン酸は局所ホルモン(エイコサノイド)であるロイコトリエンを生成します。このロイコトリエンがきっかけとなって各種アレルギー反応を起こす要因となります。

現代社会ではぜんそく持ちや、アレルギー持ちの方が子供から大人まで多くいますが、オメガ6を過剰摂取しがちな現代型の食生活がひとつの要因となっているのかもしれません。

 

ロイコトリエンの働き

ロイコトリエンや、ヒスタミンと聞くと、悪いイメージを思い浮かべる人も多いかもしれません。

ロイコトリエンは身体に何らかの異物が入った時に、炎症反応だったりかゆみを引き起こす事が「悪いイメージ」を持ちやすい理由です。

ですが、これらの反応がなければ、異物へのサインがわからなくなってしまはず。 ですので、体にとっては、必要な働きと言えます。

問題となるのが反応が過剰すぎる場合。「かゆみ」といえばヒスタミンが有名ですが、アラキドン酸由来のロイコトリエンの作用はヒスタミンと比較すると1000倍とも言われていて、かなり強力なもの。

その結果、アトピー性皮膚炎だったり花粉症だったりと、より強い反応で悪化してしまいます。

 

EPA由来のロイコトリエンは優秀!

アラキドン酸はオメガ6であるリノール酸系由来の脂肪酸ですが、オメガ3系の脂肪酸 EPAからもロイコトリエンは発生します。

アラキドン酸からできるロイコトリエンは大変強力なのに対して、EPA由来のロイコトリエンの効果は非常に穏やかです。しかも、さらに優秀なのが、EPA由来のロイコトリエンは速やかに消失してくれるということ。

アラキドン酸のロイコトリエンのようにいつまでも残って、症状を悪化させる事がないという事です。

必要な効果やサインは出しながら、過剰にでしゃばる事なくすみやかに去ってくれるという…理想的な効果を発揮するロイコトリエンなのです。

EPA/DHAを豊富に含む青魚は、いわゆる和食中心の生活です。「昔はアレルギー体質の人が少なかった」という理由は、魚由来のEPA/DHAの摂取する事で、「EPA由来のロイコトリエン」が効果的に作用していたためかもしれません。

実際に「魚食を中心の食生活している人は、アレルギーが少ない」という研究データも発表されています。

 

現代人に不足しているDHA/EPA

DHA/EPAは「魚の油」です。特に、青魚に多く含まれている成分として知られます。

厚生省が推奨する1日に必要なDHA/EPAの量は1000mg。それに対して、実際に現代人が摂取できている量は、20代で約「200mg」、高年齢層でも「500〜600mg」と不足しています。足りない理由は明確で、昔に比べて「日々、魚を食べる事が減った」からです。

いきなり「魚食」に切り替える事は、現実的にはなかなか難しいもの。そこで、サプリを活用する方法をおすすめします。不足しているDHA/EPAを、普段の食事に手軽にプラスするという方法です。

 

この記事の後に、おすすめの記事

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 DHA/EPA 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ