DHA/EPA

DHA/EPAが「血栓の原因」を予防するホントとウソ

Rocky_Stream___Flickr_-_Photo_Sharing_

DHA/EPAのウリの一つに、血液をサラサラにして血栓を予防するという効果がよく言われています。DHA/EPAのこの作用は、どんな仕組みから言われているのでしょうか?

photo by stephen bowler

 

DHA/EPAが血栓を予防するホント

まず、DHA/EPAが血栓ができにくくする効果を持っている事は間違いありません。DHAとEPAが血栓を作りにくくするための働きは違っています。

DHAは赤血球や血管壁を柔らかくする事で柔軟性をあげスムーズに血液を循環させる役割。EPAは血小板が凝集する作用を抑える役割。 DHAとEPAの【柔軟性を上げる】【固まりにくくする】という2つの作用によって、血栓をできにくい状態を作り出しています。

この原理については、〈DHAとEPAが血液サラサラにする原理は別物だった!〉の記事内を読んでもらうと、詳しく理解いただけるはず。

ちなみに血小板の凝集を抑えるEPAについては、処方薬としても病院で取り扱いがあります。エパデールという名前で高脂血症の治療薬として処方された事のある方もいるかもしせません。

処方薬となっているということは、取り扱いに注意が必要ということ。 例えば、もともと怪我をした時に血が止まりにくい病気を持つ人等への処方は、EPAの血小板凝集を抑える働きが強すぎて注意が必要な場合があるため。

EPAは魚の脂に由来する成分なので、取り過ぎなければ有効な成分。サプリで配合されている量は処方薬のエパデールのような過剰な量(健常者にとって)ではありませんが、高脂血症改善の薬を処方されてる場合には注意が必要です。

 

DHA/EPAが血栓を予防するウソ?

…重ねてですが、DHA/EPAが血栓を予防する効果はちゃんとあります。理由はここまでお伝えしたとおり。

しかし『DHA/EPAがコレステロール値を改善する事で、血液ドロドロを防ぐ』というよく耳にする理論については、賛否意見が別れるようです。

キーとなるのが、コレステロールについての医療関係者の見解。一般的にコレステロールに対して言われてる事は、こんな内容で意見が分かれています。

  1. コレステロールは下げよう。
  2. コレステロール全体ではなく、悪玉コレステロールだけ(LDL)下げるべき
  3. コレステロールはそもそも下げなくて良い。

1番については、ここ最近言われる事はありませんが、2番についてはトクホ関係の商品のPRともなってるとおり、よく耳にするかもしれません。

意見が別れる部分が2番と3番。これは、初めて知る人からすれば驚くべき内容ですが、日本動脈硬化学会と日本栄養脂質学会という医療のプロである人達で意見が分かれています。

動脈硬化学会ではLDLを下げる方向に、日本栄養脂質学会はLDLが高い方がむしろ長生きしてたという実験結果もあるけど…というように。

この議論を深堀りすると、かなり長くなってしまうので…割愛しますが、こういう真っ二つに別れる意見があるのがコレステロールです。

参考資料:コレステロール低下医療に関する緊急提言
(日本栄養脂質学会が日本動脈硬化学会宛に出したもの。長いので、興味のある方は…)

肝心のDHA/EPAがコレステロール値を下げるかどうか?に対して。

こちらも実は意見が分かれています。社団法人『日本栄養士会』ではサイト内Q&Aで、その効果を認めていません。しかし、大手メーカーでは『DHA/EPAはコレステロール値を下げる』とはっきり名言してるところもあります。

しかし、こういった大手メーカーも、下がるという根拠がなんとも曖昧で 情報源がいまいちはっきりしません。(そういった実証結果を示唆する論文やエビデンスは見つかりません)…つまり、なんとなく効果があるようだ。という程度のもの。

そもそも、コレステロールを下げるかどうか?という部分でさえプロの集団で意見が割れてるのですから…DHA/EPAとコレステロールを関係づける必要自体が疑問が残ります。

ということで、DHA/EPAが血液サラサラにする効果は、コレステロール云々という事とはいったん切り離し、DHA/EPAが本来持ってる機能が血栓ができる事を防ぎにくくしているという解釈をするのがベターです。

 

現代人に不足しているDHA/EPA

DHA/EPAは「魚の油」です。特に、青魚に多く含まれている成分として知られます。

厚生省が推奨する1日に必要なDHA/EPAの量は1000mg。それに対して、実際に現代人が摂取できている量は、20代で約「200mg」、高年齢層でも「500〜600mg」と不足しています。足りない理由は明確で、昔に比べて「日々、魚を食べる事が減った」からです。

いきなり「魚食」に切り替える事は、現実的にはなかなか難しいもの。そこで、サプリを活用する方法をおすすめします。不足しているDHA/EPAを、普段の食事に手軽にプラスするという方法です。

 

この記事の後に、おすすめの記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 DHA/EPA 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ