DHA/EPA

DHA/EPAが抜け毛予防・育毛に効果的な理由とは?

Sea_of_grass___Flickr_-_Photo_Sharing_

抜け毛予防や育毛には様々な方法があります。

ですが、育毛シャンプー等を使ってみても「いまいち効果を実感できなかった」と感じる人が多いおようです。

photo by Daniel Dudek-Corrigan

 

抜け毛の原因は?

抜け毛や薄毛は主に男性の悩みではあるものの…ここ最近では、女性の薄毛で悩んでいる方も増えています。 抜け毛や薄毛の主な原因と言われているのは、以下のような原因が挙げられます。

  • 遺伝
  • ストレス
  • 冷え性
  • 不規則な食生活
  • 喫煙
  • 睡眠不足

近年の薄毛・抜け毛が増えてきている原因は、ストレスによるものが大きいです。

ストレスと睡眠については、かなり密接な関係があるので、過剰なストレスを抱えている人は良質な睡眠をとる事ができず睡眠不足に。

その睡眠不足も、さらに抜け毛を助長させている可能性も高くなります。

 

ストレスで抜け毛・薄毛になる理由

では、なぜストレスを抱えると抜け毛・薄毛になってしまうのでしょうか?

ストレスを持った状態というのは、身体の中の交感神経が優位に働いている状態です。 交感神経は自立神経の1つで、もう1つは副交感神経と呼ばれています。

『自立』の名の通り、人の意思とは関係なく働く神経で血液の流れや臓器の動きなど全身に作用するのが自立神経。

交感神経と副交感神経はシーソーのような働きで、一方が優位な時は一方は働かないのが普通。 交感神経が活動的な場面やストレス時に働く事に大して、副交換神経はリラックス状態の時に働いています。

ストレスを常に持った状態だと、このシーソーのバランスが片側になりすぎてバランスを崩してしまいます。自律神経が乱れた状態です。

こうなると血の流れが悪くなってしまいます。

血の巡りが悪くなることで、必要なはずの栄養成分が十分に頭皮に行き渡る事がなくなってしまい、抜け毛や薄毛の原因となるという事です。

 

血の巡りを活性化する栄養素

血の巡りをよくする栄養素は、青魚の油に豊富に含まれる成分「DHA/EPA」が代表的です。

DHA/EPAというと「頭に良い」「記憶力がよくなる」といったイメージが一般的ですが、本来持つ一番の効果は血の流れの正常化する事です。

DHA/EPAのこの作用によって、「血中中性脂肪の低下」「関節痛の軽減」「心疾患の低減」等など、多くのメリットがあります。

▶関連:DHA/EPAは何に一番効き目がある?効果のあるもの一覧

DHA/EPAで血の巡りをよくする事は、抜け毛・育毛への根本的な効果を期待する事ができます。

先に紹介した抜け毛の大きな要因であるストレス。このストレスもDHA/EPAを摂る生活を習慣化する事で、軽減させると言われます。

▶関連:DHAはストレス改善・解消効果も期待できる理由とは?

抜け毛の大きな要因となっているストレスを軽減できる事。そのストレス過多時に起こる「血の巡りの悪さ」も解消される事。

このように、DHA/EPAは抜け毛対策にメリットの多い栄養素です。

 

現代人に不足しているDHA/EPA

DHA/EPAは「魚の油」です。特に、青魚に多く含まれている成分として知られます。

厚生省が推奨する1日に必要なDHA/EPAの量は1000mg。それに対して、実際に現代人が摂取できている量は、20代で約「200mg」、高年齢層でも「500〜600mg」と不足しています。足りない理由は明確で、昔に比べて「日々、魚を食べる事が減った」からです。

いきなり「魚食」に切り替える事は、現実的にはなかなか難しいもの。そこで、サプリを活用する方法をおすすめします。不足しているDHA/EPAを、普段の食事に手軽にプラスするという方法です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 DHA/EPA 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ