DHA/EPA

DHAが不眠症・睡眠の改善効果も期待できる理由とは?

DHAを摂取する事で、不眠や睡眠の改善効果も期待できるようです。なぜそのような効果が期待できるのでしょうか?

DHAは不眠へ効果がある?

オックスフォード大学が提出した最新の研究データによると、「DHAを摂取した子供は睡眠の質が改善された」という研究結果を発表されていました。

要約は以下のとおり。

  • 欧州睡眠学会専門誌 Journal of Sleep Researchに掲載
  • 英国オックスフォードシャー州の公立学校 募集
  • 7歳〜9歳の自動362名にて実験
  • DHA摂取グループは睡眠時間の向上と入眠後の覚醒回数の減少

詳細はこちらから

無作為に得たデータによる総合的な結果なため、かなり信頼度は高いと言えそう。

ですが、 研究結果のみの公表であり、その具体的なメカニズムは解説されていませんでした。

 

DHAが睡眠へ効果のある理由とは?

DHAは、〈DHA/EPAが【うつの改善効果がある】と言われている理由〉の記事中でも解説したとおり、うつや精神疾患への改善解消効果もあるとの実験結果も出ています。

こちらも睡眠との関わり同様に、明確な理由は解明されていない状態。

DHAと睡眠の関わりの関係性を予想するには、DHAと脳内の「神経伝達物質」との関係性に注目してみると、良いかもしれません。

DHAはストレス改善・解消効果も期待できる理由とは?〉では、DHAが「セロトニン(通称:幸せホルモン)」の効果をスムーズにしている可能性があることを示唆しましたが、不眠やうつへの関わりも、この「神経伝達物質が影響している可能性が高い」と予想されます。

不眠症やうつに悩む方々は、このセロトニンや、セロトニンを原料として作られる「メラトニン」の分泌量がかなり低い事で知られています。

メラトニンは、睡眠前になると盛んに分泌されはじめる神経伝達物質で、良質な睡眠を得るために重要なもの。

「メラトニンが良く出ている=睡眠の質も上がる」というわけです。

メラトニンをしっかり分泌させるためには、「朝に光をしっかり浴びる」等の他、体がリラックスしている状態で優位になる「副交感神経」を働かせる必要があります。

DHAが脳内で、「神経回路の伝達効率を上げる」という働きをする事で、これらの神経伝達物質の働きもスムーズに。

その結果、「うつ・不眠症・精神疾患」など 精神に関わる病気や症状に、何らかの良い影響を及ぼしているのかもしれません。

製薬会社が作るDHA

販売元:sato製薬株式会社
34

だからランキング1位
  • DHA量が業界トップ
  • 製薬会社製だから安心。
  • 1,000円で試せる。

「美健知箋」の口コミ

DHA/EPA750mgと業界内で最大級のDHAを配合。

これは、厚生省が推奨する1日に必要なDHAの量「1000mg」をほとんどカバーできるぐらいの豊富な量。

高脂血症薬で有名な「エパデール」と同じ「シームレスカプセル」を使ってるDHAサプリも、美健知箋だけです。

定期縛りナシで、初回¥1,000で1ヶ月分を買えるので、「いちどDHAサプリを試してみたい」という人に特におすすめです。

詳しく見る

 

DHA/EPAの1日に必要な量を手軽に補給しよう!

DHA/EPAを含む食材は、ほぼ「魚」です。

そして、厚生省が推奨するDHA/EPAの摂取目安は1日あたり1,000mgが基準値

歴史上、もともと日本人は魚をよく食べる民族でした。ですが、食生活の欧米化に伴い魚を食べる習慣が失われ、推奨量を摂取できてない人が増えたと言われます。

そんなDHA/EPAを毎日、魚を食べなくても補給するなら、栄養成分を凝縮したサプリを使うのがおすすめ。

サプリの利用で魚嫌いな人でも、確実にDHA/EPAを補給できるというメリットもあります。

 

この記事の後に、おすすめの記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 DHA/EPA 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ