関節リウマチ

DHA/EPAの関節リウマチに対する効果

DHA/EPAは関節リウマチの症状緩和に効果的と言われています。その根拠となるデータをまとめてみました。

日本の消費者庁のデータ

消費者帳のデータによる「DHA/EPAの機能性評価」によると、次のとおりとなっています。

2
出典:「食品の機能性評価モデル事業」の結果報告 (平成24.4/消費者庁)

「機能性を確約するものではない。」という注釈があるものの、関節リウマチの症状緩和に対する評価は、6段階表記中A評価とかなり高いです。

余談ですが、心血管疾患リスクの低減や血中脂肪低下作用もA評価な事にも注目です。これらのリスクや状態は、中年を越えたあたりから急激にリスクが高まる症状であり、その他疾患へと発展する可能性のあるもの。

これらをまとめて低下させる作用を持つDHA/EPAの優秀さが伺えるデータです。

(ちなみに、グルコサミンのリウマチへの評価はB判定でした。)

 

公共財団法人 日本リウマチ財団の情報

日本リウマチ財団のページを参考にすると、「関節リウマチの食べ物の注意点は?」という質問に対して、次のような解答をされています。

食事とリウマチについては他にも幾つか研究論文がありますが、賛否両論があったり、動物実験だけの結果であったりと実証に乏しいものが多いのが現実です。唯一青魚の油のみ症状を緩和させる働きについて複数の支持を得ています。

引用元:リウマチ情報センターへのお問合せより

ここで言われている青魚の油というのが、DHA/EPAです。直接有効性を説明しているわけではありませんが、多くの情報が集まるであろう研究センターでも、同様の情報が入ってきている事が分かります。

 

関節リウマチの患者における地中海食事介入の実験研究

スウェーデン大学の食品栄養学分のL. Sköldstam著書による文献では、「関節リウマチの患者における地中海食事介入の実験研究」というものもあります。

参考:An experimental study of a Mediterranean diet intervention for patients
with rheumatoid arthritis 

この研究では、魚やオリーブ油を使った料理が中心となる、地中海の食事と西欧の食事を比較して、地中海食の有効性を検証するというものでした。

結果では、炎症活性の低下や身体機能の上昇とバイタリティーの改善が達成されたとの事。

考察では、魚油由来のn-3 系脂肪酸と呼ばれるオメガ3脂肪酸(つまりDHA/EPA)と、オリーブオイルに含まれるオレイン酸によるものでは?としていました。

 

関節リウマチにはDHA?

リウマチによる関節痛にはグルコサミン等の成分も有名ですが、実はそれ以上の効果を「国」からも実証されている成分がDHAです。

続きを読む

 

関節痛にグルコサミンが効かなかった場合

関節痛の症状緩和には「グルコサミン」がよく利用されます。ですが、関節リウマチに対してはグルコサミンよりもDHA/EPAの方が作用が上です。

消費者庁の機能性評価においても、関節リウマチの症状緩和作用は「A判定」。グルコサミンは「B判定」でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 関節リウマチ 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ