関節リウマチ

関節リウマチとは?その原因と対策方法

1

関節リウマチの原因と対策方法についてまとめました。

関節リウマチとは?

関節リウマチは免疫の異常が原因で、手足の関節部分に痛みを感じたり腫れてしまったりする病気です。リウマチのほとんどの人が関節リウマチになっているとも言われています。

特に女性にかかりやすい病気で(男性の約5倍ほど)30歳頃から診断される人増える傾向にあるようです。

細菌性・ウィルス性の感染がきっかけとなったり、他にもストレスや出産をきっかけにして症状が現れる事が多い病気です。

 

どんな状態になる?

関節の症状

関節リウマチの大きな特徴です。関節の痛みや腫れが起きます。熱っぽい感じで腫れる事が特徴で、動かす事で痛みを感じます。左手で起こったら、右手にも起こったり、あちこちに移動して痛みを感じる事もあります。

また朝方に「こわばり」が起こりやすくなる事が特徴で、関節周辺に強いこわばりを感じます。

症状が進行してしまうと、関節が破壊され筋肉が収縮する事で変形してしまう事もあるようです。

特に手の指の第二関節や指の付け根・手首・足指のつけ根に起こりやすく、その他にも肩・肘・股関節・膝・足首等に起こる事もあります。

倦怠感

身体中にだるさや疲労感を感じたりする事もあります。またそれに伴って微熱が続き食欲減や体重減も起こる場合もあるようです。

その他の炎症

肺・目・血管等に炎症が起こる場合もあるようです。

 

対策方法は?

医療技術の進化により様々な方法で治療が可能となっているようです。

通常は炎症や骨の破壊を抑える薬による治療とリハビリテーションを組み合わせる事が多く、症状が進行して関節が変形してしまってるような場合には手術で治療されます。

関節リウマチは発症してから約2年で急速に関節破壊がすすむと言われています。ですので、早期発見早期治療をする事で、もとの生活をおくる事ができる人もいるようです。

治療薬自体も進化はしていますが、日常生活でも自己対策を行う事も重要とされています。具体的には以下のような行動です。

  • イライラやストレスをためない工夫する。
  • 栄養バランスの良い食事をとる。(特にカルシウムやビタミンD等)
  • 禁煙をする。
  • 適度に運動(リウマチ体操等)を心がける。
  • 関節を冷やさないようにする。
  • 同じ姿勢を長い時間続けない。
  • 関節に負担をかけすぎないようにする。

一般的に言われる健康的な生活と合わせて、関節の事を考えた行動が必要となるようです。

 

関節リウマチにはDHA?

リウマチによる関節痛にはグルコサミン等の成分も有名ですが、実はそれ以上の効果を「国」からも実証されている成分がDHAです。

続きを読む

 

関節痛にグルコサミンが効かなかった場合

関節痛の症状緩和には「グルコサミン」がよく利用されます。ですが、関節リウマチに対してはグルコサミンよりもDHA/EPAの方が作用が上です。

消費者庁の機能性評価においても、関節リウマチの症状緩和作用は「A判定」。グルコサミンは「B判定」でした。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 関節リウマチ 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ