老眼

近視・遠視・乱視・老眼の違いとは?それぞれの対策方法まとめ

4

目がかすんだりぼやけたりして見えにくくなる様々な目の状態。これらの種類とそれぞれの違いについてまとめました。

 

 

目がモノを見る仕組み

正視

近視や遠視等の違いを理解するには、まず、どのようにして目がモノを見ているのか?を知る必要があります。

目がモノを見る仕組みを簡単に説明すると上の画像のとおり。

レンズの役割を果たす水晶体を光(映像)が通過し、屈折させる事で焦点を結びます。

その焦点が目の後ろ側にある網膜にぴたりと重なった時が、ピントが合った状態。モノがはっきり見える状態になります。

この焦点がずれたり、分かれたりする事で、近視や乱視等が起こります。

 

近視・遠視・乱視・老眼の違い

実際の種類の特徴と、それぞれの違いは次のようになります。

近視

近視

焦点が手前側にずれてしまっている状態。近くのモノは見えますが、遠くに焦点を合わせる事ができず、風景や景色がぼやけて見えてしまいます。

▶関連:「近視」症状の原因と対策・近視だと老眼にりにくい?

遠視

遠視

近視とは逆に、目の奥に焦点がズレている状態。

一見すると、遠くのものは見えそうに思いますが、遠視の場合は近くも遠くもぼやけてしまい、よく見えません。

▶関連:「遠視」症状の原因と対策・遠視は老眼になりやすい?

乱視

乱視

目の表面にある角膜の歪みによって、焦点が2つに分かれたり、より複数に分散されてしまう状態。

焦点が2つに別れる場合には、モノが二重に見えますが、複数に別れるともはやまともに見る事が困難です。

乱視はその種類によって、正乱視と不正乱視等の種類があります。

▶関連:「乱視」症状と特徴・乱視になる原因と対策方法

老眼

遠視と状態が似ていて、手間のモノが良く見えなくなります。

老眼は、加齢によって水晶体の柔軟性がなくなり、ピント調節機能がうまくいかない事が主な要因です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 老眼 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ