血液サラサラ

生姜に血液サラサラ効果が期待できる理由とは?

2

古くから「健康にいい食材」として様々なものに活用されてきた生姜は、血液サラサラ効果も強いとされています。

photo byVeganbaking.net

 

 

香りと辛み成分による作用

生姜で血液サラサラになると言われる理由は、生姜ならではの成分が理由。

生姜のあの独特の香りはガラノラクトンと呼ばれる成分。そして、生の生姜を食べた時に特に強く感じる辛味成分がジンゲロールと呼ばれています。

このガラノラクトンとジンゲロールの2つの成分は、体内に吸収されると血管を拡張させる働きがあります。

血管が拡張される事で、血流の流れがよくなり血液がサラサラになるという仕組みです。

ちなみに、生姜を食べると身体が温まると言われたり、風邪の時に良いと言われますが、これらの効果や作用もこの2つの成分による部分が大きいとされます。

 

その他 生姜の嬉しい効果

ガラノラクトンやジンゲロールは生姜ならではの代表的な成分ですが、それ以外にも生姜には様々な成分が含まれます。

例えば、ジンキベレンやジンジベインは、特に胃腸に良いとされる成分。

胃腸の調子を整えたり、胃が原因のむかつき等を抑える効果もある他、胃がんの要因とされるピロリ菌を殺菌してくれる作用まであるのだとか。

生姜は食べるだけではなく、入浴剤にも含まれる事もあります。この場合、身体を温める他にも、痛みの要因となるプロスタグランジンの働きを抑える事で、鎮痛や抗炎症作用もあると言われます。

古くから漢方等にも配合されていた生姜ですが、有効な成分について理解すると、こういった薬効作用を期待して使用されていた事にも納得いくはずです。

生姜に代表される作用についてまとめておきます。

  • 冷え性、またそれに由来する血流改善
  • 胃腸の調子を整える
  • 関節痛や筋肉痛等
  • 咳の緩和や喉の痛み

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 血液サラサラ 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ