血液サラサラ

血液サラサラ効果の高いキノコの種類はどれ?

1

血液サラサラ効果の高いと言われるきのこ。その中でも特にサラサラ効果が優秀なキノコはどんな種類があるのでしょうか?

photo byAleksey Gnilenkov

 

 

椎茸

椎茸には血液サラサラ効果のある成分がいくつか含まれています。

代表的なものは、レンチオニンとグアニル酸と呼ばれる成分。これらの成分は、血液が固まる時に働く血小板の凝集作用を抑える事で、血液をサラサラにすると言われます。

これらの成分の特徴は、生の椎茸よりも干椎茸に豊富に含まれている事。干椎茸は生の椎茸よりも香りや風味が豊かですが、あの風味や香り成分の由来となっているのがレンチオニンです。

ですので、サラサラ効果を期待するなら生よりも干し椎茸を使った方が良いと言う事になります。

また、エリタデニンという成分も椎茸に含まれていて、この成分はコレステロールを低下させる事で血液サラサラ効果があると言われます。

ただ、コレステロールと血液サラサラの関係性については、学会によっても意見の分かれる所ですので、補足程度に思っておいた方が良いかもしれません。

▶関連:コレステロールとは何か?善玉・悪玉ではない理由

 

エリンギ

椎茸と並んでサラサラ効果の高い成分と言われているのがエリンギです。

キノコには、キノコキトサンと呼ばれる成分が含まれていますが、特にエリンギにはこの成分が豊富に含まれています。

キノコキトサンは、先に紹介したレンチオニン等と同じく、血小板の凝集を抑える事で血液をサラサラにする効果があります。

また、キノコキトサンならではの作用として、腸から体内に吸収された後で血液に取り込まれ、その血液内でドロドロの要因となる「脂質を絡めとってくれる」という働きも。

絡め取られた脂質は、体外に排出されるので、血液中の余分ない脂質を取り除いてくれるというわけです。

国際農村医学会議の発表では、実際にエノキタケを食べて血液サラサラ効果があったとの報告もあります。実験は、成人100名と対象にしてエノキタケを食べた人の血液流動性を調査したものです。

エノキタケを食べた後は、80%以上の人の血流が速くなりました。特に、60秒以上の血流障害の人(血液ドロドロの人)の変化が顕著です。実験前後では全体で血液ドロドロの人の割合が30%から13%に減り、かなり改善されました。

出典:https://nanitaberu.net/modules/effect/

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 血液サラサラ 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ