血液サラサラ

血液をサラサラにする「みかん」の効果とその仕組み

6

みかんのサラサラパワーの仕組みについてまとめました。

photo bykanonn

 

みかんの血液サラサラパワーの仕組み

みかんのサラサラ効果の理由となっている成分が、みかんに含まれる「ヘスペリジン」と呼ばれる成分です。

ヘスピリジンは体内で吸収されると、毛細血管を広げる効果があると言われています。この事で、血流の流れが良くなり血液のサラサラ効果が期待できると言われています。

ちなみにヘスピリジンが豊富に含まれる部位は、みかんの果実部分ではなく、すじ・皮・袋等の果実以外の部分です。

実際、漢方として使用される「陳皮」は、みかんの皮を干したものであり、その原理もヘスピリジンによるものです。

 

その他、みかんのスゴイ効果

みかんに含まれるヘスピリジンには、血液をサラサラにする他にもいくつか薬理的な作用が報告されています。

体表的なものは次のようなものです。

  • コレステロールの低下作用
  • 血圧の低下作用
  • 骨密度の低下を抑制
  • 抗炎症作用
  • 抗不安作用
  • 抗アレルギー作用

その他、みかんに含まれる栄養素由来の良い効果には次のようなものもあります。

ビタミンCに由来

美肌や美白効果、感染症を予防する効果、風邪予防の効果など。他、ビタミンCが神経伝達物質の合成をサポートする事で、ストレス緩和の効果も期待できます。

カリウムに由来

むくみの改善や予防の効果が期待できます。ちなみにヘスピリジンは毛細血管を強化し、余分な水分が浸透しすぎるのを防いでくれる効果も。

クエン酸に由来

みかんの酸味と素となっているのがクエン酸です。クエン酸は疲労の原因となる乳酸を素早く分解する事で、疲労回復への高い効果が期待できます。

「温州みかん」だけに含まれる成分

シネフィリンと呼ばれる成分は、温州みかんだけに含まれている成分です。特効薬のない風邪に対して高い効果を示す成分として、研究が進められている成分でもあります。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 血液サラサラ 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ