老眼

老眼予防対策に!おすすめのストレッチ4つ

2

老眼対策に、手軽に出来るおすすめのストレッチ方法をまとめました。

photo by Marie Sahlén

 

 

老眼のストレッチの2つのポイント

老眼対策のストレッチを行うポイントは3つのポイントがあります。

  1. 毛様体筋を鍛える
  2. 肩より上部分の血行を良くする

この3つです。

 

遠近ストレッチ

毛様体筋を鍛えるストレッチです。毛様体筋は目のレンズである水晶体の伸縮を行う部分で、ここを鍛える事でピント調節力が高まります。

遠近ストレッチは目の近い部分と遠くの部分を交互に見る方法。

人差し指やボールペンを用意し、なるべく目の近くでピントの合う部分まで近づけます。

その状態で今度は、外の景色等なるべく遠くを見るようにします。

この2つの動作を交互に繰り返す事で、毛様体筋が活発に動きストレッチをする事ができます。

 

ぐるぐるストレッチ

右、上、左、下のように順番に一定の方向を見るようにします。

ある程度慣れてきたら、斜め方向も加えて順番に見ていく形に。

目の周りに筋肉をほぐしつつ、血行を良くする事で、目の疲れを癒やす効果も期待できます。

一気にぐるぐる目を回すというより、ゆったりとしたペースで一呼吸しながら順番に見ていく事がポイントです。

 

閉じる開くストレッチ

こちらも毛様体筋に働きかけるストレッチ。目をギュッと閉じて、パッと開く事でちょうど指圧のような効果があるのだとか。

実際に自分でやってみると、確かに目の奥を押されているような感覚を実感できます。

 

首まわしストレッチ

首をぐるぐると回し、首まわりの筋肉をストレッチします。

首や肩の血行が改善される事で、肩より上全体の血行の流れも良くなり、視力にも良い影響があります。

同様の理由で、首や肩に温かいシャワーを当てる事や、「めぐりズム」等の温熱系アイマスクを利用する事も効果的です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 老眼 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ