DHA/EPA

犬へのDHAの効果は?あげる時に注意しておくこと

4

犬に対してのDHAが与える効果や気をつけるべきポイントをまとめました。

 

DHAを犬に与えると…

プレミアムドッグフードと呼ばれる高級系ドッグフードには、オメガ3オメガ6等の必須脂肪酸がしっかりと含まれている事が分かります。

DHAは、オメガ3の不飽和脂肪酸の中のひとつで人間の場合には、積極的に摂取した方が良いとされてるもの。

では犬の場合はどうなのか? というと、やはり摂取する事が推奨されているようです。

  • 老犬へのぼけ予防
  • 視力改善
  • 綺麗な毛並みや皮膚の維持

犬の場合には、DHAの摂取によってこのような効果が期待できるとの事。

 

DHAの与え方

犬にDHAを与える場合には、良質なドッグフードを用意してあげるか・人が摂取するDHAサプリ等を利用する場合もあるようです。(普段のドッグフードにそのまま加える)

本来DHAは魚の脂に豊富に含まれているもの。ですので、その魚を犬に与えれば良いわけですが、魚を生のまま与えてしまうと寄生虫系の病気への感染リスクもあり危険です。

では熱してものなら大丈夫なのかというと、オメガ3系の脂肪酸は熱にとても弱く、流れ出してしまいほとんど意味がありません。

特に淡水魚には、犬にとって必須であるビタミンB1を破壊してしまう酵素が含まれる事が多く、犬へ摂取を避けた方が良いとされています。

こんな理由から、プレミアドッグフードもしくはDHAサプリの利用を推奨される場合が多いようです。

DHAサプリについては、あくまで人用のものですので犬に利用する場合には、栄養バランス等を含めて少し注意が必要。できれば、販売店に確認をとるべきでしょう。

オメガ3やオメガ6の他、必須アミノ酸など総合的なバランスを踏まえると、良質なプレミアドッグフードが一番の選択肢となりそうです。

 

DHA入り おすすめドッグフード

>2
Point
  • 獣医師が推薦
  • 負担となる穀物を不使用
  • イギリス最高級の品質

愛犬へのドッグフードは「カナガン」がおすすめです。

カナガンは獣医師が推薦するプレミアムドッグフードとして人気。

良質な動物性タンパク質を豊富に補給できつつ、サーモンオイルによるDHAも配合しています。

「ずっと便秘気味だったのに、3日で改善された」「毛並みが艷やかになった」「喜んで完食してくれた」など、多くの高い評価を得ています。

詳しく見る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 DHA/EPA 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ