DHA/EPA

物忘れの予防・改善にDHAがおすすめされる理由

That_is_the_question_______Flickr_-_Photo_Sharing_

DHAを摂取する事で、物忘れ対策になると言われています。DHAが物忘れに与える影響はどのようなものがあるのでしょうか?

photo by Beatnik Photos

 

脳の神経細胞は生まれてからは増えない

人の脳の神経細胞は、赤ちゃんがお腹にいる胎児の段階でその個数が決まると言われています。生まれた後からは、基本的に減少する事はあっても増える事はありません。

脳の神経細胞は加齢とともにどんどん減少していくため、 年齢を重ねるごとに物忘れや記憶力の低下が起きると言われています。

 

DHAが物忘れに良い2つの理由

記憶に深く関わる脳の部位・海馬にはDHAが豊富に含まれている事が分かっています。海馬意外にも脳にはDHAは欠かす事のできない成分で、大事な脂質といえます。

DHAが脳へ与えている機能として考えれられているのが次の2つの要素です。

  • DHAがシナプス表面膜を柔らかくする
  • アセチルコリンを活性化

脳の神経細胞は樹脂型の形状をしていて、さらに細かくみるとシナプスと呼ばれるアメーバ上の形状をしています。この先端部分(シナプス)間を電気信号によって情報電卓が行われています。

DHAはシナプス表面の膜を柔らかくする作用があり、この作用によって電気信号の働きが効率化されよりスムーズに情報を処理する事ができます。

また、この情報を伝達する物質で、特に記憶に関わる情報を処理する神経伝達物質がアセチルコリンと呼ばれるホルモンです。 DHAはこのアセチルコリンの働きを活性化する作用があります。

情報の伝達をスムーズにしながら、記憶に関わる要素を活性化するため、DHAが物忘れに効果的であると言われている理由です。

 

まとめ

DHAを摂取したからといって、脳の神経細胞を増やす事はできませんし、そもそもそんな方法は存在しません。脳の神経細胞は生まれた瞬間から減少する定めです。

しかし、限られた脳の神経細胞を最大限に活用する事はできます。その神経細胞の伝達効率をあげ記憶の働きを活性化してくれるものがDHAです。

 

この記事の後に、おすすめの記事

 

現代人に不足しているDHA/EPA

DHA/EPAは「魚の油」です。特に、青魚に多く含まれている成分として知られます。

厚生省が推奨する1日に必要なDHA/EPAの量は1000mg。それに対して、実際に現代人が摂取できている量は、20代で約「200mg」、高年齢層でも「500〜600mg」と不足しています。足りない理由は明確で、昔に比べて「日々、魚を食べる事が減った」からです。

いきなり「魚食」に切り替える事は、現実的にはなかなか難しいもの。そこで、サプリを活用する方法をおすすめします。不足しているDHA/EPAを、普段の食事に手軽にプラスするという方法です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 DHA/EPA 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ