内臓脂肪

内臓脂肪を燃やすサポートに!絶対おすすめの飲み物5つ

1

内臓脂肪燃焼の手助けをしてくれるおすすめの飲み物・ドリンクをまとめました。内臓脂肪を減らしたい時の参考に。

photo by Didriks

 

 

内臓脂肪と飲み物の関係

まずはじめに、飲み物を飲むだけで内臓脂肪を燃焼させてくれるような事はありません。「脂肪燃焼に!」と謳われているような飲料水は、全て補助的に活用するもの。

補助してくれる飲み物を飲みつつも、しっかりと有酸素運動等を行う事で内臓脂肪を燃焼させる事ができます。

▶関連:内臓脂肪を燃焼!しっかり減らすおすすめの水泳方法

 

内臓脂肪燃焼を助ける おすすめの飲み物

脂肪を燃焼させる、補助的な役割をしてくれるおすすめの「飲み物」をまとめました。

コーヒー

コーヒー中に含まれるカフェイン「クロロゲン酸」が脂肪の分解と燃焼の手助けをしてくれます。カフェインは飲み過ぎる事でカフェイン中毒の危険性があります。

特に、カフェインを凝縮した錠剤タイプや、エナジードリンク等と併用する事で、その危険性が大きく増すので注意が必要です。成人の場合は、1日に2〜3杯程度の「コーヒーのみ」飲むだけであれば、特に問題ありません。

コーヒーを飲む時に、砂糖やミルクを入れてしまうと、「脂肪燃焼の補助」という意味があまりなくなってしまうため、ブラックで飲む方が良いでしょう。

杜仲茶

ダイエット関連の飲み物の中でよく名前のあがるお茶です。杜仲茶内に含まれているゲニポシド酸と呼ばれる成分が脂肪分解の効果があると言われています。

緑茶

「緑茶」内に含まれているカテキンが脂肪分解の手助けをしてくれます。

大さじ一杯の酢

「お酢」の大手メーカー、ミツカンの研究発表によると、毎日大さじ一杯程度(約15ml)の食酢を毎日とりつづける事で、内臓脂肪減少の効果があったとの報告があります。

▶参考:肥満美味の方の内臓脂肪減少(mizkan公式)

お酢を飲む場合には、お酢を飲むタイミングに少し注意が必要です。食前に飲んでしまうと「食欲」が刺激されていつもより多い量の御飯を食べたくなってしまう可能性があります。

低脂肪牛乳

低脂肪牛乳は普通の牛乳と比べて脂肪成分が少ない牛乳。脂肪は少なく筋肉の発達と成長には欠かせない「タンパク質」を同じレベルで含んでいます。

筋トレ等の運動を行った後に、プロテインドリンクを飲んで、筋肉成長を促しますが、低脂肪牛乳はいわばプロテインドリンクのようなもの。低カロリー高タンパクで「筋トレ後の筋肉成長を促す」という用途に最適です。

筋肉量が増える事で、脂肪がつきにくい体質へと変化していきますが、直接的に内臓脂肪を落とすわけではないので注意が必要です。内臓脂肪をおとすには、筋トレではなくランニングや水泳等の有酸素運動を行いましょう。

▶関連:内臓脂肪を確実に落とす!おすすめ「筋トレ」のやり方5選

 

内蔵脂肪をなるべくラクに減らす

DHA・EPAには内蔵脂肪を燃焼させる着火剤的な作用があるため、多くの医師が「効率的な脂肪燃焼に必要な栄養素」として推奨しています。

また、消費者庁が行った栄養成分の機能評価でも、中性脂肪を減少させる作用が「A判定」。脂肪を減らし、リバウンドの少ない痩せ体質に変えたいなら、DHA/EPAがおすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 内臓脂肪 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ