老眼

「乱視」症状と特徴・乱視になる原因と対策方法

3

乱視になる原因と特徴。また予防方法や対策方法についてまとめました。

 

 

乱視とは?近視の特徴

乱視は目の角膜が歪んでしまう事で、ぼやけて見えたりモノが二重に見えてしまったりする状態です。

正視

通常はこのように、焦点が網膜に重なっている状態。綺麗に重なる事でピントが合い、モノがはっきり見えます。

 

乱視

一方で乱視になるとこのような状態。

通常は滑らかなカーブを描く角膜が、何らかの原因で歪んでしまい、目の中で焦点がバラけてモノが二重に見えたりします。

 

乱視になる原因は何?

乱視になる原因は、主に次のようなものがあります。

  • 先天的なもの
  • 加齢によるもの
  • 不正乱視によるもの

乱視には光学的な性質によって、正乱視と不正乱視とに分類され、不正乱視はさらに細かく分けられています。

正乱視は角膜が楕円形上になっているもので、焦点を2つ結びモノが二重に見えます。一般的に言われる乱視はこちらの方。

一方で、不正乱視の場合は表面が凸凹の状態になっているので、焦点を結ぶ事すら困難な状態です。

この不正乱視の要因は、角膜の疾患によるものがほとんどで、白内障・翼状片等の他、外傷的なダメージによっても起こる場合があります。

 

乱視の対策方法

乱視の対策方法は正乱視か不正乱視かによって変わります。

正乱視の場合には「円柱レンズ」と呼ばれるレンズを使用したメガネやコンタクトレンスを使用する事によって改善します。

一方で不正乱視の場合には、表面が凸凹しているため、メガネでの矯正は困難。一般的にハードコンタクトレンズを使う場合が多くなります。
(近年では、ソフトコンタクトレンズでも同様の改善が可能です。)

また症状がひどい場合には、手術等によって角膜の状態を改善させる必要がある場合もあります。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 老眼 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ