中性脂肪

中性脂肪とコレステロールの効果・違いとは?

diet_coke___Flickr_-_Photo_Sharing_

コレステロールも中性脂肪も同じ脂質(脂肪)の1種です。混同しがちで違いが分かりにくいものですが、2つの脂質は、それぞれまったく違う働きをしています。

photo by Phera Laster

 

コレステロールとは?

コレステロールの主な働きは次のとおりです。

  • 細胞膜を作る材料
  • 胆汁酸の材料
  • ホルモンの材料
  • ビタミンDの材料

このように、身体に必要な機能の材料となるものがコレステロールといえます。より詳しくは〈コレステロールとは何か?善玉・悪玉ではない理由〉の内容を参考にして下さい。

 

中性脂肪とは?

中性脂肪の主な役割は次のとおりです。

  • 身体を動かすエネルギー源
  • 臓器の保温&クッション
  • 余ったエネルギーを貯蔵する

ぶよぶよとした皮下脂肪に代表される中性脂肪は、エネルギーに関わる役割をしています。より詳しくは〈中性脂肪とは?身体への影響と適正値〉の内容を参考にして下さい。

 

コレステロールと中性脂肪の違い

コレステロールと中性脂肪の違いについて、かなり簡単に解説するなら、「身体器官の材料」になっているか「身体器官のエネルギー」になっているかという違いです。

コレステロールが材料で、中性脂肪はエネルギー原です。

コレステロールや中性脂肪は血液にのって全身の必要な器官に運ばれますが、「脂質」なのでそのままの状態では水分である血液とうまく溶けこむ事ができません。油と水が混ざらないのと同じ事です。

そこで、コレステロールと中性脂肪は、タンパク質に包まれた「リポタンパク」と呼ばれる状態にされます。リポタンパクになる事で、血液と混ざる事が可能になり、全身へと運ばれていきます。

コレステロールのリポタンパクは、悪玉・善玉といった形で表現される「LDLコレステロール」「HDLコレステロール」。

中性脂肪のリポタンパクは、食べ物からの中性脂肪を運ぶ「カイロミクロン」や、肝臓で合成される中性脂肪とコレステロールを運ぶ「VLDL」等と呼ばれています。

 

それぞれ下げる必要はある?

コレステロールも中性脂肪も、なんとなく「高いと良くない」と考えがちです。

コレステロールについては、「コレステロールは悪(特にLDL)」という学会と、「コレステロールが高かろうが関係ないよ」という学会ががり、プロの間でも意見が分かれています。

▶関連:コレステロールとは何か?善玉・悪玉ではない理由

中性脂肪については、コレステロールとは違って「他の要因との組み合わせもあるが、基本的に高すぎるのは良くない」とされています。

目指すべき中性脂肪の基準値は、コレステロール問題と同じように、学会によって数値が分かれてはいますが、中性脂肪の目安となるTG値が200mg/dlを越えた辺りから「要注意」となっています。

▶関連:中性脂肪の基準値はどれが正しい?男性・女性別

 

中性脂肪を下げるDHA/EPA

消費者庁が実施する「栄養成分の機能評価」は、健康食品の機能性を国内と海外の複数の文献を調べて総合評価するもの。

DHA/EPAは全11モデルの中で最も多くの高い評価を受けた成分です。特に中性脂肪を減少させる効果はA判定の最高ランクでした。DHAが中性脂肪を下げる理由は、次の3つの理由があります↓

 

この記事の後に、おすすめの記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 中性脂肪 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ