ダイエット

ダイエットの食事で【ミキサー】を使う前に知るべき3つの事

blender_blender_blender_blender___Flickr_-_Photo_Sharing_

スムージーやフレッシュジュース等、手軽にたっぷりの栄養を補給できるミキサーを使ったレシピ。ダイエット中には誰もが一度は考える便利なものですね。 実際にこれらのレシピを試してみる前に、知っておくべき情報をまとめました。

photo by Karen

大きさに注意する

これからミキサーを買おう!と思ってる人が注意すべきこと。ちょっと大きいサイズのミキサーの方が応用性もあったり、たっぷり入って使いやすそうに思いますが…一人分程度のスムージーやジュースを作る場合には、意外に少ない量ですむ事が分かります。

大きめミキサーで量が少ないと、空回りするような動きになってしまい、なかなか思ったように混ざってくれないもの。また、サイズが大きいと日頃のお手入れが結構面倒でいちいち洗うのが苦痛に感じてしまいます。(「苦痛」に感じてしまう部分は、長続きする妨げ。 )

一人でダイエット用のミキサーを導入するなら、小さめサイズで使いやすいタイプのものを選びましょう。

 

ミキサーとジューサーどっち?

「混ぜる系の」キッチンアイテムには、ミキサーの他にもジューサーやブレンダーと呼ばれるものもありますね。違いの分かりやすいミキサーとジューサーを比較してみると、こんな違いがあります。

ミキサー

  • 材料をそのまま混ぜ合わせるので、繊維等もしっかり取れる。
  • 材料を残さず使うのでボリューミーで飲みごたえあり。
  • 繊維も残るのでドロっとした仕上がりに。

ジューサー

  • 繊維部分は除去されるので飲みくちがサラッとする。
  • 1杯を作るのに、比較的多めの材料が必要。
  • 低速ジューサーの場合、酵素もとれる。

ちょうど正反対のような性質を持ってる事が分かります。ダイエットという部分でみると「酵素」がとれるジューサーは魅力的ですが、個人的なおすすめはミキサーの方です。

食物繊維自体をしっかり摂る事ができ、ミキサーの管理も比較的ラクなためです。実際やってみると分かりますが、ジューサーの機械の管理はかなり面倒。こびりついた繊維を洗うのも手間です。

ただ、この辺りは個人的な好みややりやすさもあると思うので、当然一長一短はあります。

 

ミキサーダイエットで注意すること

ミキサーを使ったスムージーやジュースは、大量にとりにくい野菜や果物をたっぷりと取れる事が利点。ただ、その利用にはちょっと注意する事があります。

1つめ。作りおきをしないということ。何日も続けてるとだんだん作るのが面倒になり、翌朝分も併用して…というような感じで作り置きをしてしまいがち。 ただ、この方法は衛生的でなく、栄養素の量も減ってしまうためおすすめできません。その場で作って、その場で飲む事が基本。

2つ目はミキサーレシピだけに頼らない事。ミキサーを使ったレシピに決定的に欠けている事が「噛む動作」です。咀嚼自体は、満腹感や満足感にも大きな影響を与えますが、消化器官の働きにも強く影響します。極端な話、朝昼晩をスムージーだけ…のような噛む事を忘れた食生活は、消化器官の働きを弱くしまともに栄養が吸収されない状態に。

週2〜3回程度に、朝食のみスムージーを摂るような…適度なバランスで利用しつつ、しっかり噛むご飯も積極的にとる事をおすすめします。

 

痩せ体質に!  医師も推奨するDHA/EPA

DHA・EPAには内蔵脂肪を燃焼させる着火剤的な作用があるため、多くの医師が「効率的な脂肪燃焼に必要な栄養素」として推奨しています。

また、消費者庁が行った栄養成分の機能評価でも、中性脂肪を減少させる作用が「A判定」。脂肪を減らし、リバウンドの少ない痩せ体質に変えたいなら、DHA/EPAがおすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 ダイエット 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ