ダイエット

オメガ6とは?身体へ与える影響と効果

Soybean_Oil_Poured___Flickr_-_Photo_Sharing_

「オメガ6」は、オメガ3と一緒によく比較される事の多い脂肪酸で「n-6系の脂肪酸」という呼ばれ方もされています。

そんなオメガ6脂肪酸の、特徴や効果についてまとめました。

photo by United Soybean Board

 

オメガ6の分類と構造

「オメガ6」に分類される脂肪酸(油の構成要素)で、代表的なものはベニバナ油・コーン油・大豆油などです。

これらの油は普段の料理で頻繁に使われる事もあって、身近な脂肪酸と言えますね。

脂肪酸は、炭素+水素+酵素の分子同士が結合して作られていて、その結合の仕方で次のように分類されています↓

脂肪酸の分類_ai___300___CMYK_プレビュー_

オメガ6は不飽和脂肪酸の中の、多価不飽和脂肪酸に分類されています。

油の分類分けをするのに、「飽和」という言葉がいまいち分かりにくいかもしれませんが、先に オメガ3とは?身体へ与える影響と効果 の記事を読んでおくとよく理解できます。

以下、オメガ3についての記事を読んでもらっている事を前提にお話を進めまると…オメガ6の分子構造は以下のようになっています。

脂肪酸の分類_ai____150___CMYK_プレビュー_

炭素の分子結合が左から6番目より始まっているため、オメガ6やn-6系の脂肪酸 という風に呼ばれています。

 

オメガ6が身体に与える影響

オメガ6はオメガ3と並び、必須脂肪酸と呼ばれています。 「必須」ですので、身体の機能を保つために必ず必要なものということ。

必須脂肪酸は体内で生成する事ができないため、食事によって摂取する事が基本です。

オメガ6は必須脂肪酸ですが、実際に体内に必要な量はごくわずかです。

また、オメガ6系の脂肪酸であるリノール酸は、冒頭でも紹介したコーン油やベニバナ油に多く含まれているもの。現代社会の食生活でオメガ6不足になる事はあり得ません。

リノール酸は、体内でアラキドン酸に変わり、細胞膜の材料になったり、出血が起こった時に「血を固める」等の重要な役割を果たしています。

ですが、オメガ6のリノール酸を摂り過ぎてしまうと、アラキドン酸が増えすぎる事で「血栓」を起こしやすくする原因にもなっていしまします。

▶関連:アラキドン酸とは?身体への効果と影響まとめ

オメガ6について、簡単にまとめると次のとおり↓

  • 体にとって必要だけど、普段の食生活で充分補える。
  • 「摂り過ぎ」は、血栓等の原因になる。

オメガ6とオメガ3の摂取目安は、オメガ6の脂肪酸を摂取する事を抑えつつ、逆に不足しがちなオメガ3系の脂肪酸は積極的に摂取するようにするのがおすすめ。

オメガ3に代表される成分は、主に青魚に多く含まれるDHA/EPAです。

▶関連:DHA/EPAは何に一番効き目がある?効果のあるもの一覧

 

DHA/EPAの1日に必要な量を手軽に補給しよう!

DHA/EPAを含む食材は、ほぼ「魚」です。

そして、厚生省が推奨するDHA/EPAの摂取目安は1日あたり1,000mgが基準値

歴史上、もともと日本人は魚をよく食べる民族でした。ですが、食生活の欧米化に伴い魚を食べる習慣が失われ、推奨量を摂取できてない人が増えたと言われます。

そんなDHA/EPAを毎日、魚を食べなくても補給するなら、栄養成分を凝縮したサプリを使うのがおすすめ。

サプリの利用で魚嫌いな人でも、確実にDHA/EPAを補給できるというメリットもあります。

 

この記事の後に、おすすめの記事

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 ダイエット 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ