老眼

アントシアニンが老眼予防や対策に効果的な2つの理由

4

目に良いとされる栄養成分、アントシアニンの基本情報と、老眼への効果が期待できる理由を解説していきます。

photo byIlena Gecan

 

 

アントシアニンとは何?

アントシアニンは、青紫色の天然色素でありポリフェノールの一種です。

紫色をしている野菜や果物に多く含まれていて、代表的なものとしては、茄子・紫芋・ブルーベリー・ビルベリー等があります。

 

抗酸化作用によるもの

アントシアニンを代表する作用が、強い抗酸化力があるという事です。

老眼は目の老化です。そして、この目の老化を促進させているものが、目の中はもちろん、皮膚や身体のいたるところに発生する活性酵素です。

活性酵素は、太陽等の紫外線を浴びたりする事で増えるもので、体のサビの大きな要因となります。

アントシアンにはその紫色の天然色素の力によって、有害な紫外線を吸収(ガード)しています。

これは、植物が育つ時に、植物本体が紫外線からダメージを受けるのを減らしている自己防衛作用です。

目の場合は、光を見る事で紫外線が目の中に入り、活性酵素発生の要因になり、老眼のきっかけを徐々に増やす事になっています。

ちなみに、この状態がより強く出たものが白内障で、レンズである水晶体が活性酵素による老化進行で白く濁ってしまう事。

ちょうど卵の白身部分が、目玉焼きにする事で白く濁る事と同じような状態になってしまいます。

白内障については、いちどなってしまうと、もういちど透明に戻す方法はなく、白くしてしまう要因である活性酵素を除去する事が、発生を抑えたり進行を遅らせる有効な方法であると言われています。

そのため、アントシアニンが活性酵素を除去する抗酸化作用が有効となるのです。

 

目のピント機能調節によるもの

アントシアニンには、活性酵素を除去する力の他に、もうひとつ目に良い作用があります。

それは、モノをはっきり見えやすくするという事。

通常モノを見る時には、水晶体でピントを調節し、網膜内に投影。この時、網膜上にあるロドプシンと呼ばれる成分がしっかり機能する事で、モノをはっきり見る事ができます。

アントシアニンは、このロドプシンの働きを活性化してくれるため、モノをくっきり見やすくなるという効果も期待できます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 老眼 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ