物忘れ

アルコールが原因で物忘れが起こるなら「アルコール性認知症」かも

5

アルコールと物忘れの関係性についてまとめました。その物忘れは、アルコールが原因となっているかもしれません。

photo by Epicantus

 

 

アルコールと脳の関係

「たしなむ程度」に適度にお酒を飲む分には問題ありませんが、日常的に多くのアルコールを摂取している場合には、気をつけた方が良いかもしれません。それはお酒を飲む程に脳が萎縮する(縮む)という事。

お酒を飲む人と飲まない人と比べた時に、飲まない人に比べて飲む人の脳が萎縮しがちなの事は、元々知られていた事実ですが、飲む量が増えるとそれに比例するように脳が萎縮してしまうという研究結果が報告されています。

アルコール認知症とは?

アルコールの大量摂取は、脳が萎縮する事だけにとどまりません。この状態が続くと、認知機能の低下や物忘れが激しくなる場合があり「アルコール性認知症」と呼ばれれます。これは脳の萎縮と合わせて、アルコールによる脳血管障害等が原因で起こるとされています。

アルコール性認知症の実施の原因は多岐に渡りますが、実際に調べてみて他の原因が見当たらない場合にもアルコール性認知症と診断される場合もあるようです。

代表的な認知症であるアルツハイマー性の認知症等の場合、進行性の病気なので症状を遅らせる事はできても、回復させる事はできません。ですが、アルコール性認知症の場合は、「お酒を断つ」事で改善させる事が可能です。先に解説した脳の萎縮も回復するため、断酒する事が根本的な解決方法となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 物忘れ 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ