ダイエット

【おすすめダイエットアプリ】を探す前に知っておく事3つ

Kiev__Ukraine___Flickr_-_Photo_Sharing_

iPhone等のスマホを使って、日々のダイエットをサポートしてくれるアプリは多数ありますね。そんなダイエット系アプリを効率よく利用するには3つのポイントを抑えておくと有効です。

photo by Sharon Hahn Darlin

 

レコーディングダイエットに自分は向いてる?

レコーディングダイエットというのは、自分で食べたものをひたすらメモしていくだけというダイエット方法。紙に書いたりアプリでメモする事によって、ダイエットに対する意識を強制的に根付かせて… 日々の食生活や定期的な運動へ意識を向きやすくする方法です。

この手のダイエットが向いてる人は、手帳にびっしり予定を書き込める人や、日記を書くのが好きな人。コツコツと食べたモノをメモしていく必要があるので、こういった作業に苦痛を感じる人は、まず間違いなく成功しません。

レコーディングダイエットをウリにいしているアプリはもちろん、ほとんどのダイエット系アプリも実はこの「日々の作業を記録する」という作業がベース。紙に書くか、アプリに記録するかという違いで、それに付随する形で自動的にグラフで表示されたり、テキストでアドバイスを貰えたりする…といった事が基本となります。

自分でコツコツ記録をつける人が苦手な人は、アプリを連動型の「Jawbone UP24 」のようなウェアラブル端末がおすすめです。

Jawbone_UP24_-_Google_検索
Jawbone UP24

腕にはめておくだけで、日々歩いた歩数や睡眠の深さ等も計測し、自動的にアプリに連動するようになっています。最初にアクティベートする意外は、ほとんどアプリに入力する必要はなく、スマホで他のアプリを触ってる間に、自動的にグラフや表へ数値が反映される仕組み。なかなか続ける事が難しそうな人は、アプリ単体ではなくて、こういった機器を利用すると挫折しにくいです。(実体験として)

 

ゲーム系ダイエットアプリを使う時は

ダイエット系アプリで人気のゲーム要素を取り入れたものは、続けるうちに本来の目的から離れてしまいがちなので注意が必要。元々は「好きな服を着たいから」や、「健康のために」という比較的強いゴール地点があったはずなのに… ゲームアプリでやっていくうちに、いつの間にか「ゲームをクリアする事」(恋愛系なら意中のカレをGETするため!?)にすり替わっていきます。

「ゲームをクリアする」という目標にすり替わりながらも、この目標自体はさほど緊迫感はなく差し迫ったものでなないので、せっかく始めたダイエットがなぁなぁになってしまいがちに…。

こういったゲーム要素をうまく取り入れながらも、自分の強い意思(本来の目的)を保てる人はチャンレンジしてみても良いかもしれません。 また、これからダイエットを始めよう!という人で、ダイエットそのものに「めんどくささ」を感じている人なら、カジュアルにダイエットに取り組みやすいので意外にこういったゲームタイプの方が自分に合う可能性があります。

The_Glif___Flickr_-_Photo_Sharing_

photo byMatthew Pearce

無料アプリは効かない?

スマホのアプリを利用して、ダイエットをやってみよう!という時に、「できれば無料のものでやってみたい」と思うのが心情ですが、人は無料のモノに価値を感じにくい心理を持っているようです。(自動販売機で買った120円のコーラと、リッツ・カールトンで出される1000円のコーラは、中身は一緒なのにリッツのコーラの方が価値を感じます。)

ですので、できれば無料ではなくて有料でしっかいとお金を払う方が そのアプリを使いこなせる確率は高くなります。アプリ自体、元々数百円程度のものなので、「お金を出したモノへの価値」を感じる度合いはさほど高くはありませんが、挫折しがちな最初の数日間を カバーできる程度には、「やる気」が持続しやすくなるはずです。

 

痩せ体質に!  医師も推奨するDHA/EPA

DHA・EPAには内蔵脂肪を燃焼させる着火剤的な作用があるため、多くの医師が「効率的な脂肪燃焼に必要な栄養素」として推奨しています。

また、消費者庁が行った栄養成分の機能評価でも、中性脂肪を減少させる作用が「A判定」。脂肪を減らし、リバウンドの少ない痩せ体質に変えたいなら、DHA/EPAがおすすめです。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 ダイエット 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ