DHA/EPA

α-リノレン酸とは?身体に与える効果・効能

Linseed_Oil___Flickr_-_Photo_Sharing_

「α-リノレン酸」の効果・効能と身体への影響についてまとめました。

photo by Garry Knight

 

α-リノレン酸とは?

「α-リノレン酸」は、オメガ3(n-3系とも)と呼ばれる分類中の脂肪酸です。 シソ油・アマニ油(フラックスオイル)に多く含まれています。

脂肪酸の分類_ai___300___CMYK_プレビュー_

オメガ3の中を見てみると分かるとおり、DHA/EPAもオメガ3の中に分類されいていますが、DHA/EPAに関しては青魚に多く含まれているものです。

α-リノレン酸が含まれるオメガ3は、「多価不飽和脂肪酸」と呼ばれる分類のひとつ。

脂肪酸は、炭素+水素+酵素の3つの分子が結合してできていて、多価不飽和脂肪酸の「飽和」という言い方は、「水素がつまっているかどうか?(飽和しているか?)」をイメージするとわかりやすいです。

脂肪酸の分類_ai____150___CMYK_プレビュー_

オメガ3は不飽和ですので、 水素が欠けていて飽和してない状態。

一価は、1箇所のみ水素の結合がない部分があり、多価不飽和ではそれ以上に水素が欠けてる場所があるのが特徴。

α-リノレン酸を多量に含むアマニ油は「柔らかい油」とも言われ、融点がかなり低い油としても知られてます。これは、この水素結合が欠けていて、飽和してない部分が多い事が理由です。

(逆に飽和してる状態だと、固形タイプの油が多くなります。)

α-リノレン酸やDHA/EPAを含むオメガ3の脂肪酸は、上の表のとおり左から3番目の部分から水素結合が欠けてるので、「3番目」をとって、オメガ3と呼ばれてます。

 

α-リノレン酸の効果と効能

オメガ3とオメガ6の脂肪酸は、人が生きる上で必要な必須脂肪酸です。身体の中で作り出す事ができないため食品による摂取が必要です。

オメガ6はリノール酸に代表される脂肪酸。リノール酸とは?の記事でも解説しているとおり、オメガ6は「控えめ」に摂取する方がいい油です。

一方、オメガ3の脂肪酸であるDHA/EPAやα-リノレン酸は積極的に摂取する方が良いとされています。

α-リノレン酸を摂取すると、肝臓に吸収された後でEPAへと変化。その後、必要量だけDHAへと変わる事が分かっています

ですので基本的な、α-リノレン酸が体へ与える影響は、DHA/EPAの効果や効能と同等です。

ただし、DHA/EPEを多量に含む魚を食べた場合に比べ、その摂取量はかなり少なくなります。ですので、DHA/EPAの効果を期待するなら、α−リノレン酸の摂取よりも、DHA/EPAを直接摂取する方が良いでしょう。

DHA/EPAは、何が体にいいの?」という事が知りたいなら、次の記事も参考にしてみて下さい↓

▶関連:DHA/EPAは何に一番効き目がある?効果のあるもの一覧

 

この記事の後に、おすすめの記事

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加


同じカテゴリ「 DHA/EPA 」内のおすすめ記事

サブコンテンツ